避妊相談

当院では、避妊に関する相談に応じています。

「計画していない(望まない)妊娠」を防ぐためにはさまざまな方法があります。
患者様の要望や既往歴、生活習慣などから医師と相談の上、一人ひとりにあった避妊方法を提案いたします。
当院では、安全性、費用対効果、確実性などから以下の方法を提供しています。

① 低用量ピル(OC)
② アフターピル
③ 子宮内避妊リング

低用量ピル(OC)

低用量ピルとは、経口避妊薬のことです。
1日1回内服することにより、高い避妊効果を得られます。
確実に妊娠を避けたいのであれば、低用量ピルの使用をおすすめします。
低用量ピルは避妊効果以外にも、生理痛や月経不順の改善などにも効果があります。
詳細に関してはこちらをご覧ください。

アフターピル

アフターピル(緊急避妊薬)とは、避妊に失敗してしまったときに、性交渉後72時間以内に内服し、妊娠を防ぐ避妊薬のことです。
内服が早ければ早いほど避妊率は上がりますが、効果は100%ではありません。
当院では、副作用の少ないレボノルゲストレル錠(¥9,900)を処方しております。
詳細に関してはこちらをご覧ください。

子宮内避妊リング

子宮内避妊リング(IUD)とは、小さな器具を子宮内に挿入することで避妊を防ぐ避妊方法です。
扱いが簡単で、日々の生活を妨げることもありません。
挿入後は定期検診や、5年ごとの器具の入れ替えが必要になります。
当院では、ミレーナ(¥66,000)とノバT(¥49,500)を取り扱っております。
詳細に関してはこちらをご覧ください。